読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

それはまさに「ガンダム大地に立つ」体験。「ダイバ強襲」

突然ですが、ガンダムに乗って来ました。
「乗った」といっても(残念ながら)VRの話です。
先日のSAO劇場版をきっかけにVR体験できるところはないかと探してみたら、ちょうどあるではないですか。
しかもガンダムとか私の心に突き刺さるというもの。
勇んでEXPOCITYまで行って来ました。
 
GUNDAM SQUAREのショップに入って、それらしい設備を探してきょろきょろ。
…見当たらない。
よくよく探すとショップとカフェの間の隅っこにありました。
なんとなく大がかりなアミューズメントを想像していたのですが、体験スペースは一畳強くらい。
よく考えたらPCとVRゴーグル&ヘッドホンがあれば足りるのですね。
味気ないといえば味気ない。
淡々と1,000円支払って、いざVR「ダイバ強襲」の世界へ。
 
VRゴーグルの先は、お台場(にあった)ガンダムの目の前。
上下左右360度自由に見渡せる。
おお、なかなかの再現性。
ただちょっと解像度低いかなぁと思っていると、
ザク(量産カラー)のマシンガンが近くに着弾してビクッとなる。
ガンダム(まだ棒立ち)に当たった瓦礫がこちらに落ちてきてこれまたビクッとなる。
ごめんなさい、舐めてました。
床の振動と相まって、かなり没入感あります。
 
難点は、併設のカフェに近いので下手に動いたり歓声上げたりは出来ないところ。
ここでVRの欠点である「本人以外は何してるかわからない」が発動するわけです。
ふと冷静な自分がそんなことを考えますが、ガンダムが目の前にしゃがみこんでくると興奮してどうでもよくなってくる。
 
そしてガンダムの掌に座ってガンダムvsザク開幕!
 
そこからの展開は是非見てみてください。
 
たまに脚本でありますね、民間人を助けるために拾い上げるとか。
実際には怖いよ!
下を見ると滑り落ちそうな錯覚に陥ります。
ちなみに、現実でも数cmくらい椅子が上昇しているようです。
演出は他にもあって、ビームサーベルのためにヒーターを使っているそうです。
それらが効果的にVRに現実感を与えています。
まさにガンダムの世界に入りこむ体験。
展開がファーストガンダム冒頭に近いのも心憎く、「そうそうこんな感じ!」とアツくなります。
今後VRゲームが出るなら、ガンダムパイロットになるのでしょう。
それも楽しそうですが、ガンダムの世界を感じるのであればこのようなコンテンツが適していますね。
こんな「体験」は今後もなかなか出来ないと思います。