今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

初めてのカプセルホテルで徒然と考えた

初めてカプセルホテルに泊まった。
いや泊まったことはあるはずだが、あまり覚えていない。
ふだん利用しないけれども、今回は出張中に週末の宿がなかったので止むを得ない。
連れに、蜂の巣じゃないからラクだと言われたがピンと来ない。
ともあれ、銭湯と漫画喫茶を足したような設備が目新しかった。
リラックスルームで死屍累々横たわる光景も。
 
ただ、問題は大きな荷物。
荷物が多いというのはリスクだと実感した。
幸いに割り当てのロッカーに押し込めたものの、手狭なロッカールームで荷物の出し入れは面倒だし周りに気を使う。
 
道中の移動も問題。
宿がなくなるような状況なので、コインロッカーも埋まっている。
キャリーバッグを転がしていると、
移動速度は下がり、
行動範囲は狭まり、
体力は失いやすく。
 
仕事道具が無ければ…と言っても詮ない。
それは無くすわけにはいかない。
加えて、コーヒー道具とランニング装備も持っている。
それらはなくても良いけれど、自分のライフスタイルには必要なのだ。
出張族が自分を失わないためには、出先でも趣味の時間を持つことに限ると思う。
それが自分の場合、朝コーヒーを挽くことであり、運動習慣を続けることである。
 
とはいえ、やはり荷物は少ないに越したことはない。
新しい土地を気持ち良く動き周りたい。
なんとかしたい…改めてミニマリズムを志向した一晩だった。
 
まぁ人の気配が多くて、なかなか眠れなかったのだが。
眠れない夜はモヤモヤと考えてしまうもの。