読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

大阪市内で一泊¥2000の安宿に泊まってみた

大阪出張があったのですが、大阪市内のホテルは高いですね。
カプセルでも¥5000超えてくる。
納得できずにいろいろ探した結果、一泊¥2000くらいのホテルを見つけました。
風呂・トイレ共同とはいえ、ドミトリーではなくシングルルーム。
流石に安すぎるような。。。
そして立地は西成区
JR新今宮駅周辺に似たような価格帯のホテルが幾つかあるようです。
コストの低さに惹かれて、その中の一つを試してみました。
 
どんなところかと心配しましたが、部屋は綺麗にリフォームされてました。
広さは3畳くらい、冷蔵庫もミニクローゼットもあるし布団はふかふか。
ただし壁は薄く、洗面所やトイレといった設備は古い設計でした。
周辺は外国人観光客も多いですが、宿泊の条件を「日本語の出来る男性」にしてあるのでホテル内には姿は見えず。
 
安さのポイントを考えてみると、
・アメニティが少ない。
タオルや歯ブラシは別売り。
それは安いので構わないのですが、浴衣がないのが困りました。
想定できる範囲だったと悔やまれる。
あとよく見たら部屋にティッシュもないとか。
変動費を削ってますね。
・人件費
フロント対応は7時~21時、連泊の清掃は1週間に1回と、人の手がかかる部分が減らしてある。
人件費が一番大きかったりしますよね。
 
総じて、サービスは少ないが駅近いのが便利で寝るだけなら問題なし。
夕食は新世界で串カツです。
 
驚いたのは、ロビーに郵便受けみたいなものがあること。
チラッと目に入ったのは携帯電話の請求とか、役所の通知っぽいものとか。
これはここに長期間住んでるということ?
考えてみれば、ひと月泊まると光熱費込みで約6万円。
JR環状線や地下鉄の駅近であることを考えると、住まいとしても安いのか。
部屋は何もないけど、掃除してくれるし最小限の生活は出来るし。
こういうところを転々とする生活も面白そうですねぇ。