今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

ANTS activeは名前の通りスポーツに適す

長期出張の道すがら、イヤホンを忘れたことに気付きました。
日常的には使わないので、出掛けるときは忘れがち。
 
でも出先でランニングするのにイヤホンは必要だなぁ…
今のイヤホンに満足してるわけでもないしなぁ…
 
ということで、寄り道してロフトで購入。
こうして出費が嵩んでいくわけですね。
さらに言うと、急遽購入したので試聴も何も出来ず。
前回の経験が全く活かせておりません。。。
さて、使ってみた感想を今のTaoTronics TT-BH07と比較する形で書いて行きます。
 
・形状
イヤーピースから伸びたケーブルを後頭部に回すタイプ。
今回はこの形状を試してみたくて買ったようなものです。
イヤーピース自体は耳掛けタイプではないので、眼鏡とも干渉しにくいのがポイントですね。
ケーブルも固めで、走ってもぶらぶらしないので邪魔になりません。
思った通り、この形状はランニング向きですね。
ただし、ケーブルが固いことで鞄の中での収まりは悪いです。
どうしても嵩張る。
 
・音質
TT-BH07は高音側と低音側が弱い印象ですが、比較するとこちらは高音から低音まで平均的に鳴る印象。
逆にいうと特徴がなく、ヴォーカルが埋もれる感はあります。
どっちが好みかというと…音が足りないより平均的なほうが良いかな。
 
・安定性
ケーブルが固めで引っ張られることがないので、その影響を受けず音飛びしにくい…ことはありませんでした。
やはり音飛びは起こりますね。
今のところタイミングが不明で、回避しようがない。
 
総合的に考えると、やはり形状からしてランニング用としてオススメです。
しかし音飛びはBluetoothの宿命なのでしょうか。
それがないイヤホンかあれば良いけれども、どうやって見極めよう?