今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

口述筆記を試してみた。

人と話していると考えがまとまったり、予想外のフレーズが出てきたりしませんか?
私は結構あります。
もしかするとキーボードを叩くより声に出すほうがアウトプットしやすいのでは?
 
ということで、口述筆記を試してみました。
 
調べてみると、音声をテキストに変換できるアプリはいろいろあるようです。
今回はお試しということで、身近なsiriを使ってみました。
iPhoneのキーボードの左下、マイクのマークをタッチすればスタートです。
 
結果、思ったより正確な入力ができました。
少しタイムラグはありますが、口にした通りにすらすらと画面に表示されるのは新鮮な感覚です。
そのラグのため短文だと効率が悪いのですが、長文になるほどキーボードより早く入力できそうです。
 
とは言え、たまに誤変換もあります。
特に文の途中だけ入力(手直し)しようとすると変になりますね。
また、日本語入力だとアルファベットに変換されないので、そもそも「siri」と入力できなかったり。
ちなみに「、」は「てん」、「。」は「まる」、改行したいときは「かいぎょう」と口にすればOKです。
ただし、それをすると文節ごとにいちいち区切ることになるので、時間がかかる上にスムーズに文章を紡げない。
 
コツとしては、
・とにかく一気に文章を作る。
・句読点や改行は後からキーボードで追加する。
というところでしょうか。
 
実は最大の問題として、「口述筆記をしよう」と意識すると考えすぎて言葉が出にくくなりました。
なので、思ったほど自然に、話すように文章が作れるわけではなかったです。
この記事も口述筆記だけで書けるかな…と思ったのですが、なかなかうまくいかない。
まぁそのあたりは慣れですかね。
少しずつ試してみます。
話すように書き、キーボードとはまた違った表現ができれば。