今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

VRを体験してみよう!

そう思い立ち、東京に寄ったついでに探してみました。
渋谷に何ヶ所があるようですが、今回選んだのは「シブヤVRランド by ハウステンボス」。
軽く調べたところ複数のVRゴーグルを使っているようなので、使い比べもできるかなと。
場所は渋谷モディの地下一階。
料金は、全5種のVRを一通りプレイして2,200円。
ウルトラ逆バンジー+どれか1つで1,200円というプランもあります。
 
幸か不幸か、休日昼間だというのにほとんどお客さんがいない。
おかげでどれも待つことなく体験できました。
それぞれ簡単に感想を。
タイトルの後ろのカッコ書きはVRゴーグル名です。
 
ウルトラ逆バンジー (GEAR VR)
巨大パチンコで上空に打ち出され…と思ったら宇宙まで来ちゃったよ!
宇宙ステーションってことは、高度400kmくらいか?
動く座席と送風機で臨場感たっぷり。
実際には少し前に傾いただけだろうけど、体感としては座席から放り出されそうになります。
思わずアームレストを握りしめてしまったり。
 
BLAST&BLAST (HTC Vive)
3Dシューティング。
巨大ロボットに乗ってビルの未来都市の間を抜けながら敵ロボと戦闘。
こちらも動く座席に座ってプレイします。
上下左右を自分で見まわして敵を探すというのは、TV画面を見てプレイするのとは違う体験ですね。
自由に動くことができれば、もっと楽しめそう。
 
AIRTONE (HTC Vive)
前方から流れてくるマークに従い、手を振って当てたり、ボタン押したり、ボタン長押しで腕でなぞったり。
プレイできるのは2曲。
1曲目は練習。
2曲目はマークの組み合わせが複雑になるわ、ラインも捻りが加わって立体的な動きになるわ、結構難しい。
上下左右に腕を振ってグルグル。
全身使って楽しいけど、長時間やると酔いそう。
 
VR心霊百物語 ~廃病院~ (IDEALENS K2)
廃病院で取られたVTRを追体験する形のホラー。
幽霊を数えるように言われたものの、暗くライトで照らされている範囲が狭くてよくわからない。
振り向くと薄闇に浮かぶお前はカメラマンなのか幽霊なのか。
総勢6体だそうですが、見えたのは2体だけでした。
物音がした瞬間にそちらを向くとかしないと見えない模様。
 
壁ドンVR。
実写版VR乙女ゲー。
野郎にいちゃつかれるのはちょっと…と思ったら、全4パターンの中に女子高生ver.もありました。
小柄な部活の先輩に壁ドン。
短時間だけど、ヒジョーにこっぱずかしい。
 
全部で1時間弱の体験でした。
ちなみに私のように眼鏡をかけている場合。
レンズが大きくなければ、ゴーグルの中に押し込むような感じで眼鏡をかけたまま装着可能です。
ツルと鼻あてに圧迫感を感じますが、許容範囲でした。
(ただし、万一破損しても責任取れませんとのこと)
GEAR VRは焦点調整機能があるので、裸眼でもOK。
機種ごとにいうと、IDEALENSは解像度の低さが気になりました。
PC不要のスタンドアローンらしいので、そこは利点なのですが。
GEAR VRはスマホでここまで没入できるのが凄い。
ただし映像だけ。
インタラクティブなゲームならHTC Viveのほうが向いているのかな。
 
自宅に欲しいか?と考えると、難しいところ。
動く座席や送風機といった設備と連動することで臨場感を演出しているので、自宅だとそこまでの没入感はないかなと。
こういった専用の設備で楽しむのがいいかもしれませんね。