今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

短期集中・分野集中で「英語は1年でマスターできる」

書名:海外経験ゼロでも仕事が忙しくても、「英語は1年」でマスターできる
著者:三木 雄信
出版:PHPビジネス新書
発行日:2017年8月1日(新書版)
 
何かを始めるときは、とりあえず本を読もうとする癖があります。
燃料を外に求める悪い癖。
それはさておき。
筆者も急にビジネスで英語が必要になり、慌てて勉強を始めたとのこと。
期限を1年と定め、その中で効率よく進めていったノウハウがまとめられています。
 
 
まず大事なのは、英語を勉強する目的を明確にすること。
筆者の場合は「英語でビジネスの交渉ができるようになること」
それから逆算して、勉強すべきこととしなくていいことを見極めたそうです。
 
私の場合、まず必要なのは「英語で自社製品を紹介すること」ですね。
製品情報からメンテナンス、トラブルシューティングまで。
今までは漠然と「英語をマスターしたい」でしたが、曖昧で何をすればいいかわからなかった。
目的を決めてしまえば、学習内容・教材を絞り込めます。
 
1000時間を目標に
日本語脳を英語脳に切り替えるには1000時間ほどの学習が必要だそうです。
1年で割ると、1日3時間。
結構多い。
しかし見方を変えると、1日1時間を3年というのも気が遠くなる。
それでは遅すぎる。
通勤時間のヒアリングを含めたりして、集中して進めるほうが良さそう。
 
ヒアリングとスピーキングに絞る
今時、リーディングやライティングは翻訳ツールに頼れば何とかなる。
ヒアリングとスピーキングは、当然ながらリアルタイムに自分でこなさなければならない。
となると、万遍なく学習するよりその2つに絞ったほうがいい。
かつ、筆者は「正しい発音も諦める」としています。
今からネイティブ並みの発音を目指しても難しい、とにかく「伝わる英語」を目指すということ。
 
ヒアリングはテキストとにらめっこ
これまでの英語学習で単語は頭に入っていても、耳から入ってくる音と結びついていない。
聞き流すのではなく、書き起こされたものを見て音とスペルを紐づけていく。
筆者のオススメは自分の目的に合った洋画。
筆者の場合は交渉を目的として「ウォール街」を選んだそうです。
私の場合は、、、、エンジニア系のものがいいのかな。
レンタルビデオ屋かストリーミングサイトを見て回ってみよう。
 
アウトプットの時間を作る
とにかくアウトプットの量が足りていない。
1週間のうちにインプットとアウトプットを回せすようにしたい。
ただし、アウトプットの場として「いつでもどこでもできる」ものは避ける。
結局やらなくなるから。
もっと強制力のある、少人数制の英会話スクールを推奨とのこと。
確かにSkypeの英会話とか続ける自信がない。
ちょっと時間がなくて、、、とか言い訳してしまうだろう。
上達度の確認としては、PCか電話でテストできるVersantもお薦めとのこと。
 
英語学習の進め方として大変参考になりました。
あとは、読んで満足せず実行していくことですね。