今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

再びのカプセルホテルで徒然と考えた

荷物が多すぎて急なカプセルホテル泊で難儀してから半年。
克服した!(ドヤ顔)
 
 

この1ヶ月の集大成のようなパッキング

荷物の最小化により、手狭なカプセルホテルでもスムーズに動けました。
今回はあの時と違って、荷物の少ない短期出張だったことも大きいけれど。
ラン道具もコーヒー道具も使う暇がないので持っていない。
とは言え、当時のパッキング能力ではバッグも一回り大きく、中身も多い。
ロッカールーム等でモタつくこと必至。
 
 

身軽なのは良いことだ

とにかく、キャリーを引かなくていいのはラク。
コインロッカー探さなくて良いし。
エスカレーター探さなくて良いし。
トイレに行くのも気兼ねないし。
乗り換え時間が短くても問題ないし。
網棚への荷物の上げ下げで周りに気を使わなくていいし。
両手が空いてるから、移動もテイクアウトコーヒー片手にスイスイ。
調子に乗ってスタバでTallサイズを注文してしまった。
(飲み終わるのに3時間かかった)
 
この機動性、気持ちいい。
どこにでも行けそう。
 
 

ミニマルは選択肢と意欲を増やす

荷物が少ないとカプセルホテルでも快適…かどうかはホテルのクオリティによるのですが。
宿泊の選択肢が増える、それが大きい。
選択肢が増えれば、より安価に抑えられます。
 
仕事道具が無ければ、代わりに部屋着とタオルを詰めてドミトリーにも泊まれそう。
ちょっとワクワクしてきた。
こんな感じで腰の重さがなくなって、意欲が増すのもメリットの一つですかね。