今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

秋の京都旅その2 東寺とゲストハウス

現在、東寺で秋のライトアップ中。
京都に着いてからその情報を知り、宿が近くだったので行ってみました。
泊まると決めると自由度が増しますね。
 
紅葉ライトアップということですが、まだ色づき始めというところ。
それでも、灯に照らされた五重塔と庭園は綺麗でした。

f:id:geege:20171113210945j:plain

幻想的な遠景。
 

f:id:geege:20171113211007j:plain

水面に映したくなる。
 

f:id:geege:20171113211038j:plain

紅葉の照らし方も綺麗でした。
ライトが多くてたまに眩しいけども。
 
 
そして今回の宿は、初めてのゲストハウス。

f:id:geege:20171113211126j:plain

京町屋を改装した風情のある外観。
内装も和モダンでオシャレな感じ。
 
京都駅から西へ徒歩10分くらい(イオンの近く)と利便性が高い。
ただ、細い路地にあるので見つけにくいかな。
下手に路地に入ると、思った方向に進めなくて迷いかけるという京都スタイル。
このあたりは古い住宅街だと思っていましたが、よく見るとゲストハウスの灯りががちらほら。
 
一方で、提携してる銭湯・日乃出湯がレトロ。

f:id:geege:20171113211203j:plain

なんと昭和3年開業とのこと。
怖々入ると、いわゆる番台と脱衣所。
戸を開けた瞬間にマッパのおじさんに出会いかねない。
シャワーは壁面に固定、お湯と水の蛇口は別、ドライヤー有料。
(流石に写真はありません)
こういうのを基準で考えると、スーパー銭湯って確かに「スーパー」なんだな…
ともあれ、広い湯船にゆったり浸かれるのは気持ちいいものです。
歩き疲れた脚が癒される。
 
難点は、近くには食べるところが少ないことですかね。
あるにはあるけど、少し歩き回ることに。
まぁそれは京都駅周辺で済ませてから来れば問題ないでしょう。
 
宿の周辺は静かで、2段ベッドも軋むことなくよく眠れました。
翌朝の予定がタイトで、慌ただしい出発になったのが残念。
同室の皆さん、早朝からゴソゴソして申し訳ない。
フロントは8時からということで、挨拶も出来ず。。。
 
リフレッシュして翌日に続く。
その1はこちら。