今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

サコッシュをバックパックの相棒に

バックパックの悩みのひとつは、モノの出し入れのしにくさ。
立ったままだと体の前に持ってくる必要があります。
買い物のときに財布を取り出したり。
ちょっとした荷物が増えたときに仕舞いこんだり。
都度、重いパックパックを取り回すのは面倒です。
いつも癖で右側から回すのですが、片方の肩ストラップに荷重がかかるのも良くなさそう。
 
そこでサコッシュです。
 
元々は自転車競技者に補給食等を渡すために使われる簡易バッグ。
その出自から、当然コンパクト。
サブバッグとして体の前に配置し、小物をここへ出し入れするようにすれば、いちいちバックパックを取り回さなくていい。
 

f:id:geege:20171126141427j:plain

メインコンパートメントはジップ付き。
生地を折り返すだけのものは、うつむいたときに不安なので助かります。
他にオープンポケットが2つ。
非常に薄くて軽いので、今の時期はアウターの下に仕込めます。
車に乗ったとき、そのままシートベルトを締めても苦にならないという利点も。
ボディバッグだと荷物をおろすワンアクションが手間なんですよね(不精)
 
ただでさえ薄くて軽いのに、さらにパッカブル仕様です。
内側のポケットに畳み込むことが出来、そのときは本当に掌サイズ。
とりあえずメインバッグの片隅に仕込んでおくと活躍します。
 
通常時の中身は財布と携帯、必要であれば充電器。
旅先ではバックパックを拠点に置いて、これだけで外出することも。
意外と容量が大きくタオルや下着に洗面具も入るので、銭湯にも行けます。
 
ただし生地が薄いので、あまり重いもの(デジカメとか)は入れたくないですね。
肩紐が本当に丸紐なので、重いと肩に食い込みますし。
 
そのぶん軽さを追求しているので、それを活かした軽装での散歩に最適です。