今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

いと素晴らしき露天風呂

温泉に入るだけの旅もいい。

どこに行くとか何を見るとか、計画せずに。

ただただ温泉宿でゆっくりするだけ。

早めにチェックインして、あとは食事、風呂、就寝。

 

温泉というだけで良いけれど、露天風呂は格別だ。

湯気の溜まった屋内とは違い、空気が良い。

 

特に冬。

脱衣所から外に出て空気の寒さに少し震えつつ、熱い湯に浸る。

一度冷えた体が温まるとき、なお幸せを感じる。

冬の布団も同じだろう。

はまりこんだら最後、出たくなくなる。

 

景色も重要だ。

裸をさらすとはいえ、塀に囲まれたところはつまらない。

 

そこは自然の中が良い。

見渡せば木々が伸び。

下方から聞こえてくる川のせせらぎ。

そう考えると、山の中の温泉郷に限るかもしれない。

新緑や紅葉の季節も宜しい。

 

何故こんなに気持ちいいのだろう。

癒しの情報量が多いからか。

全身の肌感覚に加えて、視覚と聴覚も訴えてくる。

全てが包まれるような。

いや、それとももっと…

 

………

 

……

 

そう考えるのもやめたくなるくらい、癒される。

理屈なんてどうでもいいや。

ただ、この時間を楽しもう。

 


今回の宿は「ホテル華乃湯」

【公式サイト】仙台 秋保温泉|ホテル華乃湯 美食と湯めぐりの宿

仙台近くの温泉郷秋保温泉にあります。

内湯を含めて4つのお風呂が楽しめます。

個人的なオススメは、やはり川の湯。

次点は7階から見渡す展望風呂。

いずれにしても日が暮れると何も見えないので、夕方か朝がいい。

朝風呂でハシゴすると、既にその日は何もしたくなくなるくらい。

仕事の前日に泊まるのはオススメしません、本気でやる気なくなるから(実証済)