今日賛主義!

日々楽しく。なんか気になるコトとかなんかいいモノを集めたい。

花粉症を治すにはオメガ6を絶ってオメガ3を摂るだけ?

毎年のことながら春先は憂鬱です。

そう、花粉症。

目のかゆみに鼻水鼻づまり、そのせいで頭はボーっと。

目ヤニが出すぎて朝起きた時にまぶたが開かなかったり、出かけるときはティッシュを多めに持たないと不安だったり。

とにかく憂鬱の一言です。

 

しかし薬は症状を抑えるだけ、本質的に解決する方法はないものか。

というところで見つけたのがこの本。

「花粉症が治ったよ! マンガでわかる体質改善」

www.amazon.co.jp

タイトル通り、マンガで花粉症の原因から対策まで網羅されています。

絵は少々荒いですが、内容は簡潔でわかりやすい。

それも実際に花粉症を治した実績のある食餌療法に基づいているとのこと。

続きを読む

目ではなく耳で追うミステリーに魅せられた。「ギルティ」

邦題:ギルティ

原題:The Guilty

公開年:2018年

製作国:デンマーク

監督:グスタフ・モーラー

出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセンetc

公式サイト:https://guilty-movie.jp/

youtu.be

主人公は緊急通報司令室のオペレーター。

ある事件をきっかけに警察官の一線を引いて電話番をしているが、それも今日まで。

あと数十分で仕事が終わり、明日は一線復帰のかかったイベントが…という時に拉致されている最中の女性から電話がかかってくる。

事件解決のために主人公が使えるものは電話だけ。

映画なのに視覚情報を封じられ、まさに手探りの緊張感が生まれています。

この新鮮な感覚はぜひ観て味わってもらいたいですね。

続きを読む

季節の変わり目は手ぬぐいの変わり目

どこかに季節感を取り入れたい。
無機質なオフィスの中でも、ちらっと季節を感じられると気分に余裕が生まれます。
そこで季節ごとに切り替えているのが手ぬぐいの柄。

f:id:geege:20190317154507j:plain
冬の「梅と雪」から春の「枝垂れ桜」へ。
これを見ながら桜が咲くのを待とう。

重森三玲の庭園を追う。【大阪編】

引き続いて作庭家・重森三玲の庭を訪ね歩きました。

日本庭園といえば京都の印象が強いです。

geegeebook.hateblo.jp

調べてみると意外にも大阪にいくつかありました。

京都のように観光名所にはなっておらず、さりげなく存在しています。

しかし、もちろん独特のモダンな作品性は健在です。

 

岸和田城 八陣の庭

f:id:geege:20190315214535j:plain
1953年作庭

実は岸和田城の目の前(本丸広場?)に作られている重森三玲の庭。

放射状に広がる幾何学模様を眺めると、城塞を俯瞰している感覚になります。

砂利で波紋を描かれた枯山水ですが、全く異なる雰囲気。

もっと高くから見下ろしてみたいですね。

続きを読む

重森三玲の庭園を追う。【京都編】

近代の作庭家にして庭園史研究家、重森三玲を追いました。

重森三玲の庭は「作品」としての力強さを感じます。

ただの庭ではなく、日本庭園の文法を編纂して抽出して昇華した「作品」。

伝統を踏まえた上でそれを超えていこうとする新しさがあります。

「永遠のモダン」と評されることも多いのも納得。

今回は京都の代表的な庭園を紹介します。

 

東福寺 方丈庭園

f:id:geege:20190314212840j:plain

1939年作庭

作庭家としての重森三玲のデビュー作とも言える庭園です。

南庭(上の写真)は伝統的な枯山水庭園であるのに対して、西庭と北庭は幾何学的な珍しい構成。

市松模様なので和の雰囲気を持ちつつ、それが庭園に投影されている新鮮さ。

f:id:geege:20190314213052j:plain

f:id:geege:20190314212944j:plain

そして東庭は北斗七星がモチーフ。日本庭園に星座を持ち込むというのがモダンですね。

f:id:geege:20190314213202j:plain

続きを読む

2019年2月を振り返ってみる

2019年2月を振り返ってみます。

また出費が激しかったかもしれない。しかし後悔はしていない。

 

買ったもの

・Macbook2017 CTOモデル

軽くて高性能なPCを求めた結果、最もパワー/ウェイト レシオが良さそうなMacbookを購入しました。

Core i7でメモリ16GBと無闇にハイスペック。SSDは256GBとして外付けで補完する予定。

一度Macを使ってみたかったのもあります。

iPadと勘違いして画面をスワイプしそうになるのはご愛嬌。

 

・alapaapのスプラッシュペイントシューズ

geegeebook.hateblo.jp

とても気分がアガる一足。春よ来い。

続きを読む

足元を鮮やかにするスプラッシュペイントシューズ

ワードローブに足りなかったもの、それは差し色シューズ。

白スニや黒スニは万能ではあるものの、モノトーンが多くなると物足りない。

しかし単色だと面白みがないし、多色でもスポーツテイストやブランドマークが目立つのは好みじゃない。

そんな気分にズバリ刺さったのが、このカラフルな飛沫が鮮やかに舞うシューズ。

しかもカスタムオーダーで自分だけの1足を手に入れられますよ。

f:id:geege:20190228223252j:plain

続きを読む