読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

ランニング用Bluetoothイヤホンの選び方

ねんがんの Bluetoothイヤホンを てにいれたぞ!
 
色々と悩んだ結果、やはり思い切りがつかず安価なもので試してみることに。
今回選んだのは「TaoTronics TT-BH07」
 
何度かランニングに使ってみて思いましたが、やはりコードレスは素晴らしい。
腕降りにひっかかることもないし、持ち出すのもお手軽。
Bluetoothも一度設定すれば簡単にリンクできます。
左右をくっつけてネックレス状にできるのも便利ですね。
散歩の途中でちょっと買い物に寄ったときとか、短時間外したい場合に有用。
 
とは言え、やはり最初からベストの選択とはいいがたく。
使ってみてわかったチェックポイントを挙げていきます。
 
・フィット感
ランニングに使うには、走ってもポロリしないことが最低限必要です。
イヤーピースを耳の穴に突っ込むだけでは不安。
耳掛けタイプが確実ですが、眼鏡をかけているので圧迫感がキツイ。
固定用のツノ(?)が生えているものは、色々なモデルを店頭で試した結果、だいたい大丈夫そうでした。
なので、その系統であれば試着せずにネット通販で買ってもOKと判断しました。
これは正解。
 
・音質
ボーカルは問題なく聞こえますが、高音低音がともに弱い。
音が伸びないといいましょうか。
ランニング中にクオリティは重視しないとは言え、それでも及第点には届かないという評価です。
まだ使い始めなので、エイジングしたら良くなるのだろうか。
とはいえ、有線と違ってバッテリーの問題で延々鳴らしてエイジングというわけにはいかないんだなぁ。
ひたすら聞き続けるしかないか。
 
・安定性
このイヤホンの最大の問題。
走ったら結構な頻度で音飛びします。
この症状はさすがに困る。
ぶちぶちと連続で途切れられるとかなりのストレスです。。。
いろいろと発生条件を探った結果、イヤホンからコードが引っ張られたときに音飛びしている模様。
コードが真下に垂れる位置関係だと音飛びしにくいので、その状態をキープするように走っています。
コントローラ部がズレてコードに張力がかかりだすと、ちょいちょいっと手直し。
面倒だけれどやむを得ない。
しかし、これは店頭で試用したとしても気づきませんねえ。
 
 
今後のためのポイントをまとめると、
・音質は必ず試す。
・着用状態でコードを弄り回して、音飛びやタッチノイズ等の有無を確認する。
この二つを押さえたら理想のイヤホンが手に入るのではないかと。

テクノロジーに負けた人間たちの戦い。「BLAME!」

邦題:BLAME!
製作年:2017年
製作国:日本
原作:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
公式サイト:http://www.blame.jp/
~あらすじ~
過去の「感染」よって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。
都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。
都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。
少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。
仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(キリイ)であった。
 
シドニアの騎士の映像化が面白かったので、原作者つながりでBLAME!劇場版を観てきました。
ちなみに原作は未読です。
 
本作の世界観も、シドニアのように人類の敵がいるディストピア
自動制御の都市への命令権を失い、不法居住者として駆除される。
人類を抑えているものが人類の作り出したものという点で、閉塞感はシドニア以上かもしれません。
そのセーフガードの動きがキモい。
わさわさと高速で壁を這って迫ってくるあたり、人類の天敵感にあふれています。
 
序盤は独特の世界観を咀嚼しながら観進める必要があるので、なかなか大変。
構成としては順序良く説明されていきますが、そのために取ってつけたような展開なのは否めません。
なんとなくお使いのような感じ。
最初のアクション(重力子放射線の派手さ)からの期待感と、これからを楽しむための準備として乗り切りましょう。
人類に優しくない世界なので、食糧がないとか服が何十年も使ってそうなツギハギだらけとか荒廃した重苦しさがこれでもかと描かれます。
そこからのカタルシスに期待してワクワクできるかどうかがポイントでしょうか。
できないと寝てしまうかも。
 
中盤からは、この状況を打破するためにネット端末に繋ぐための旅路。
ネットにつながれば、いま襲ってくるセーフガードに命令できるようになる。
どころか、都市の支配者になれる。
しかしそこで登場人物の一人が言います。
 
「昔の人は何故そんなことしたのか。気持ち悪い」
 
そういう時代に向かいつつある現実に刺さりますねえ。
一言で言えば「便利だから」ですかね。
自動化の行きついた先、人類はそれを制御し続けられるのか?
他人事とは思えない世界観がこの作品の魅力でしょうか。
 
そこからのラストバトルは燃えますね。
人間vsセーフガード。
霧亥vs上位セーフガード
レーザーと重力子放射線が飛び交い、もみ合いへし合いする戦場。
その中で、無表情でぼそぼそ喋る霧亥の秘めた人間性、身体的な超人っぷりに魅せられます。
あと、挫けそうな人間が再度立ち上がるところとか王道だけどイイものです。
 
尺を考えると当然ながら、本質的には解決しません。
総体としては、壮大なシナリオのイントロダクションという感じ。
話としてはまとまっているのですが、霧亥の旅の果て、この世界の行きつく先が気になって仕方ない。
ハードSFは好みなので、原作読んでみようなかあ。

断捨離マンその3:細断終了、続いては電子化…の前の。

断捨離の優先順位を見直しました。
捨てるだけならいつでもできるので、それ以外に時間がかかりそうなことを先に進めています。
先日のシュレッダー然り。
そのシュレッダーは早々に刃こぼれし始めました。
処理した枚数は200~300枚くらいだと思います。
(心を殺して機械的に手回ししていたので正確な枚数は記憶していない)
1枚用なのですが、投入口がA4ギリギリなので、少し斜めに入るとシワが寄って重なりあって複数枚切っていることに。
で、そうなると切れ味が均一でなくなり、斬れるスピードの違いでシワが生まれやすくなり、、、というサイクルで劣化していったと想定します。
ともあれ、刻みたかったものはなんとか刻み切ったので良しとしましょう。
使い終わったら誰かに譲ろうかと思っていたのですが、断念。
 
さて、そのあとは本の電子化に着手しました。
対象は特に漫画ですね。
たまにパラパラと読み返したくなる。
メジャーなものは、一度手放しても読み返したくなったタイミングで(電子書籍で)買いなおすこともできます。
しかし既に完結したマイナーなものは、なかなかそうもいきません。
 
もちろん蔵書すべてというわけには行かないので、取捨選択から。
かける手間に見合う作品を選ぶわけです。
これがまた難物で。
 
やっぱり捨てる前にもう一度読みたくなる!
 
1.手に取る。
2.ぱらぱらめくる。
3.ふと未来にタイムスリップしていることに気づく(だいたい深夜)
4.慌てて作業再開。
5.1に戻る。
 
見事なまでに進まない進まない。
さらには睡眠不足に。
一段落したらブログ書こうと思っていたら、かなり間があいてしまいました。
やっと選別が終わりかけたので、区切りとして投稿しています。
逆に早めに手を付けたから、時間に猶予があると思って時間をかけてしまうのか。
これも仕事と同じですねぇ(ぅ
 
あと時間かかりそうなのは、、、酒瓶の消費?

断捨離マンその2:シュレッダーマンになりました

断捨離、続けてます。
前の記事では「次は実用書の仕分け」と書きましたが、それは中断して不要な書類の処理を始めました。
 
ドキュメントケースに放り込まれた紙類。
例えば、家電の取説。
昔使っていたWiFiの契約書。
クレジットカードの請求書。
その他その他。
 
うん、いらない。
 
毎月のものなので大増殖していたカードの請求書については、紙での連絡をやめてネット通知に切り替えました。
実際、一度確認したら十分ですからね。
ついでに、これで住所登録の切り替えも余裕をもって出来ます。
 
さて、取説なんかはいいのですが、契約書や請求書をそのまま捨てるには抵抗があります。
そこでホームセンターでシュレッダーを買ってきました。
手動と電動とありましたが、今回は手動。
安価なほうを選びました。
毎月の請求書が無くなれば、シュレッダーを使うのは今回きり。
そう思うとあまりお金をかけるのも違うかなと。
お金を惜しむ代わりに手間がかかる…とはいえ。
どのみち電動でも勝手にやってくれるわけじゃなく、給紙する手間がかかりますし。
手が空いているときにやればいいと判断しました。
 
そんなこんなで。
1枚ずつシュレッダーに投入してはクルクルクルクル。
ひたすらハンドルをクルクルクルクル。
 
 
……
 
予想以上に手間でした。
一枚やるのに1分くらい。
請求書は生活年数×12×カード枚数。
 
NO!
 
録りためていたTV番組を見ながら、一応マルチタスキングだと言い聞かせつつゆっくり進めています。
それでも、1時間も続けると手が痛くなってきますね。
早めに手を付けて良かった。
手を付けてみて初めてメドが立つこともある、、、のは仕事と同じですね。
 
さて、次こそ実用書に手を付けるか。。。
クルクルクルクル。

断捨離マンその1:雑誌を捨てる

断捨離始めてます。
まず手を付けやすい雑誌類から。
 
・ビジネス誌
有益そうに見えて、まず読み返さない。
そもそも情報の鮮度が重要なものだし。
身についていればそれでよし、ついていなければそれまで。
本棚に眠らせていても、自分の力にはなりません。
ビジネス史を研究するのでなければ残しておく必要はないかな。
 
・ファッション誌
これも鮮度を失った時点で不要。
買ったときはワクワクするのですが、基本的に新商品カタログですしね。
少し前はこんなの流行ってたなーと懐かしくはなっても、全く足しにならない。
そもそも、今思えばなぜ取っておいたんだか?
ファッション史を(以下略)
 
・料理系
以前、自炊し始めてみたときに買いためたもの。
しかし一人前だけ作るのは難しいんですよね。
出張が入ると食材の取り回しが難しくなって、結局続かず。
引っ越したらまた始めようかとも思いますが、同じ理由で力尽きそうな予感。
とは言え、基本的なやつを幾つか残し。
 
・トレーニング系
Tarzanとかランニング誌とか。
買った当初はやる気があるけど失速、しばらくしてまた本屋で見かけては購入。
大体そんなサイクルで増殖していきます。
これも野望ガラクタですな。
ランニングやストレッチ等、テーマごとに1冊だけ残し。
これもカタログ要素があるので、有用な情報だけ読み返すには不便なのですが。
 
・その他
旅行、映画、マナー、etc
次から次へと出てくる出てくる、買っていたことを忘れていた本たち。
読まなくても困らなかったので全捨て。
 
しかし捨てようとすると、つい読み返して時間を奪われている不思議。
気になるとこだけ最後にもう一回読んでおこう…などと考えたらアウト。
他の記事にも目移りして、結局パラパラと端まで。。。
表紙だけ見て判断するのがオススメですね。
どうせ読み返しても頭に残るかというと、無理でしょう。
 
ともあれ、これで本棚がかなり空きました。
目に見えて成果があると達成感が沸きやすいですね。
次は実用書に手をつけましょうか。

一度は自分で。コーヒー豆を手網焙煎してみた。

野望ガラクタを片付けよう!
今回取り出しましたるは、コーヒー豆焙煎キットです。
コーヒーは好きで、毎日コーヒー豆を挽いてハンドドリップしています。
一度自分で焙煎して淹れてみるのも面白そう、と思ってこれを買ってそのままでした。
やりたいと思ったときにすぐやれ、って話ですが。
ともあれ、重くなっていた腰を上げて試してみました。
 

f:id:geege:20170504114620j:plain

f:id:geege:20170504114624j:plain

内容物
・網付き手鍋(いりごま用らしい)
・コーヒー豆 50g×4種
 (ブラジル、グアテマラタンザニアパナマ
・説明書
この他に、煎った後に冷ますためのザルと、保管容器があるといいです。
 
手鍋にコーヒー豆(今回はブラジル)を投入して、直火で加熱していきます。

f:id:geege:20170504114628j:plain

大まかな手順は、
  1. 遠火で水分を飛ばす。
  2. 火に近づけて煎る。
  3. 1ハゼが聞こえたら浅煎り〜中煎り
  4. もっと激しい2ハゼが聞こえ始めたら中深煎り
  5. ハゼ音が収まったら深煎り
目標は中深煎りとします。
偏って焼けないようにひたすら振りつづけること20分くらい。
なかなかハゼ音が聞こえない。
火が近いと表面だけ焼けるとのことで遠めにしましたが、もっと火に近くても良かったかな。
やがてパチパチという音が上がってきます。
しかし意外と音が連続せず、全体が焼けていないような?
そもそもこれは1ハゼ? 2ハゼのほうが音が大きいらしいけど、十分大きくない?
とか悩んでいるうちにハゼ音が収まり、、、
気付いたら鍋の中が結構黒くなっていたので、慌てて取り上げてみた。
 

f:id:geege:20170504114631j:plain

見事に真っ黒くろ。美味しくなさそう。
1ハゼは聞き逃していたようです。
鍋を振って豆がぶつかり合っている音に紛れたのでしょうか?
まったく気づきませんでしたが、、、次はもっと耳を澄ませないと。
 
一方で後片付けについて。
チャフ(剥がれた皮)が飛ぶので、後の掃除が面倒です。
結構広範囲に散るので、 自宅で焙煎はやるべきじゃないですね。
髪にも乗っかっていて鬱陶しい。
 
さて、味見です。
焙煎直後は内部にガスが多く、それが邪魔して旨味が抽出されにくいとのこと。
安定するまで1日置いて、こわごわとペーパードリップして飲んでみました。
 
うん、苦い。
覚悟していたほど不味くはないですが、やはり焦げたような味がしますね。
火の通りが一様じゃないのか、雑味も多い。
わかってはいましたが、プロに任せたほうが良さそうです。
しかし一度自分で体験してみると、どんなものかわかるし話のタネにもなるし。
(もちろんブログの記事にも)
まだ豆は3種類あるので、もう少し上手くできるように工夫してみよう。
まずは煎り過ぎないように。

今月は断捨離マンに俺はなる

5月の最優先事項は断捨離して完了させること。
引越しを機会にモノを減らします。
収納から溢れるほどではなく邪魔にならないし捨てるのも手間なので残していたモノたち。
引越すとなると、整理して梱包してまた収納を考えて実行して、、、とデメリットが急増します。
今こそ、取捨選択するとき。
 
衣服
そこそこ減らしてきたので、引っ越し先でも収納出来そうであれば現状維持。
限界狙って減らし切ると、いざというときに困るので。
洗濯が滞ったりとか旅行したりとか。
まぁ服が足りないようなときは、ユニクロにでも駆け込めば大概なんとかなりそうですが。
今回の目的は、最小限にするのではなく余計な手間を減らしてすっきりさせること。
 
音楽・映像
CDは電子データ化してほとんど捨てました。
DVDも取り込んで捨てていきます。
そして超コンパクトなmicroSDシステムに保管。 

geegeebook.hateblo.jp

Blu-rayは取り込めないからどうするか。。。数は少ないので残してもいいか。

 
書籍
これが難易度高い。
ふと読み返したくなる機会があるんですよね。
長編マンガや小説は捨てるとなると気合が要ります。
なければないで、そのとき気になった本を買うんでしょうけど。
そのほうが新しい情報が得られるから良いかも?
実用書については、テーマごとに冊数を決めて残すことにします。
ビジネス書、ライフスタイル関係、コーヒー関係、語学関係、、、等々。
たまにパラパラと参照する資料系の本は、スキャナ買って自炊するか自炊代行サービスに頼むか。
自炊代行って合法でしたっけ?
 
野望ガラクタ
この表現はミニマリスト筆子さんが始めたそうですが、言い得て絶妙だと思います。
その定義は「なりたい自分になるために買ったもの」。
趣味を広げたかったり、スキルアップのためだったり。
そのときはすごくやりたんですけどね、なんだかんだで失速してしまっているものが多々。
ウチで該当するものは、、、
・健康のため自炊しようして揃えた調理用品
・一度やってみたくて買ったコーヒー豆焙煎キット
・いつか作ろうと思って買った模型
・憧れて買った画材
・お試しで買った週刊○○
たぶん他にも忘れ去っているガラクタが出てくるんだろうなぁ。
結局、いつかやろうとして先延ばしにしているだけ。
やるかやらないか、やるならいつやるのか、それを決めて選別しよう。
 
なかなかの作業量(主に決断力)になりそうですが、やりきります。
人間、締め切りが決まるとやる気が増しますね(自制心がないだけ)。