今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

YESOのバックパックは仕事×私用の旅に最適

求めていたものが見つかると高揚しますね。
旅行・出張用として買い替えたYESOのバックパック、かなり使えるやつです。

f:id:geege:20171206202553j:plain

 

バックパックに求める条件

・容量30L以上
用途は1週間程度の出張。
現状、仕事道具+着替え類で30Lは超えます。
仕事柄、ヘルメットが必要なことがあるので、これを納めるのが難題。
 
・コンパートメントが2つあること
容量が大きくても、仕事道具と着替え類を同じところに入ると使いにくい。
仕事の場で、ごちゃごちゃした中身を見られるのも嫌ですし。
なので中身を仕分けられるように2室以上。
PCスリーブはあってもなくても良い。
 
・四角くないこと
ビジネス用はスクエアタイプが多いですが、それを四角いまま使うのが苦手です。
適正量を上手く入れないと、上部中央がダレるんですよね。
その型崩れした見た目が好きではありません。
 
 

このややこしい条件をクリアしたのがYESO

 
コンパートメントは大きく2つ。
まず中央のコンパートメントは、ビジネスバッグによくあるスクエアタイプ。
この形状、PCや書類を入れるのには適しています。
背中側にはPCスリーブ。
マチのあるPC用と、マチの無いタブレット用の2段式。
これもビジネスバッグによくあるもの。
 
特徴的なのが、外側にあるコンパートメント。
アウトドア系によくあるロールトップ型のバックパックと同じです。
底がカーブしているので、四角いものを入れるのは苦手。
代わりにフレキシブルに形状が変わるので、着替え等の不定形なものを入れるのに適します。
ヘルメットなんていう丸くて嵩張るものにも対応可能。
また、内容量に応じてロールさせることで不要なボリュームをなくすことが出来ます。
 
中身が少ないときはこんな感じ。

f:id:geege:20171206202620j:plain

中央にPCと書類を入れて外側には何も入れていません。
そのぶんロールトップをきつく巻くことで、ほぼ膨らみのない状態に。
つまり中身が少なくてもダレない。これ重要。
 
そして中身が多いときはこうなります。

f:id:geege:20171206202646j:plain

ロールが巻けないくらい外側に詰めました。
少しゴツいですが、背負ってみると体に沿って馴染みます。
トップのハンドルも太く、片手で運ぶ時も快適。
 
また、この状態でも100席以上の機内持込みサイズ。
試しに重さを測ると8.7kgでした。
これ以上大きくなっても重量オーバーなので、ちょうどいいくらいですかね。
 
 

ただ、使ってみて不満点もいくつか

・止水ジップではない
見た目でわかっていたけれど、全てが普通のジッパー。
生地には撥水性があるので、ロールトップを巻いていれば軽い雨には耐えられるかと。
念のため、電気製品は内側に入れておきましょう。
まぁそこまでズブ濡れになることはなかろう。。。
(ザックカバー買っておこうか)
 
・ポケットが少ない
外からアクセスできるポケットは一つだけ。
それも、内袋が中央コンパートメントに出っ張っている形状なので大したものは入れられない。
ペットボトルや折り畳み傘をさせるところがあればいいのに。。。
さらに内側にあるのもおおざっぱな仕切りだけなので、パッキングには工夫が必要です。
それも小分けポケットやペン刺しくらいあっても。。。
 
・肩ベルトの付け根の幅が広い
おかげで肩の外側に滑っていきそうな違和感があります。
あえて言えば、厚着していても腕を通しやすいというのは利点ですが。
肩幅の狭い人だと落ちかねないので、試着推奨。
そもそもバックパック自体の幅も割とあるので、小柄な人には合わないかも。
 
 

総評

今回の要求事項は完璧に満たしています。
ただし、それ以外は非の打ちどころがちらほら。
万人にオススメはできませんが、他では見かけないこの形状が刺さる人には刺さると思います。
少なくとも、いまの私のお供としては最適解。
荷物を詰め込んで、あちこち旅することでしょう。
 
最近はバックパック一つで暮らしていけそうな気がしています。