今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

UNIQLO U 2017S/S発売、店頭でメンズをチェックしてきた。

恒例のUNIQLOクリストフ・ルメールのコラボコレクション「UNIQLO U」。
2017年春夏コレクション発売ということで、いそいそとメンズをチェックしてきました。
ちなみに、筆者は身長172cm、体重55kgの痩せ型という前提でお読みください。
 
ライトウェイトオーバーサイズコート
ラインナップのトップに来ている、最近推されのビッグシルエットなコート。
名前の通り軽いんですが、着心地はゆるっというよりゴワっとした感じ。
着てみた印象は、昔のオジサンがスーツの上に着てそうなコート。
野暮ったくならずに着こなせる自信がない。
そもそも痩せ型なので普通サイズでもややオーバー気味になるわけで。
そこにきて普通体形に対してオーバーサイズだと、オーバーすぎるのですよ。。。
 
ライトウェイトジャケット
上のコートと同じ薄手の素材で、こちらはジャケットなので気温が上がっても着れそうという利点に。
シルエットはユルすぎず細すぎず、無難と言えば無難ですが使いやすい仕上がりです。
ジョガーパンツとセットアップすると面白そう。
 
コーチジャケット
最近流行の兆しのあるコーチジャケット、シルエットはゆるめ。
コーチジャケットというデザインと暗めの色合いが相まって、これまたオジサンっぽく感じます。
襟元詰まるし袖にリブもあるので防寒性は高そう。
 
2wayダウンパーカ
ダウンベストとナイロンパーカの組み合わせ。
ホック等でお互いを引っ掛けて一体で脱ぎ着できるようになっています。
ギミックのあるものは好きですが、テロテロのフードの取り回しとかどうしよう?
いっそ明るめカラーなら遊べたかも。
 
デニムワークジャケット
これまたゆるめのシルエットですが、しかしワークな雰囲気とマッチして良い感じ。
前開けで着てもいいし、比翼仕立てでユニクロらしいボタンが見えないのもポイント。
ボトムはキレイめに綿パンか、白デニムでもいいかしら。
 
ミラノリブクルーネックセーター
肉厚だけどさらっと着れるニット。
時期的には今さらな気もしますが、次の冬に着ると思えばアリ。
ただし色合いは、いつものユニクロカラー。
 
インディゴスウェットプルパーカ
今回のイチオシです。
肉厚の生地感、ストンと落ちるシルエット。
シンプルなので寧ろユニクロ感がないところもポイント。
同じくUNIQLO Uの白シャツを中に着るといい具合にチラ見えします。
 
エクストラファインコットンブロードシャツ
単体で着ると袖のゆったりした感じが気になりますね。
日常使用するなら胸ポケットは欲しいところ。
 
半袖シャツはまだ気が早く、半袖ニットは着こなしが見えなかったのでスルーしました。
全体的に見て、高名なデザイナーによる「これお洒落!」というようなインパクトはなかったですね。
生地やボタンといったところにどうしてもユニクロっぽさは出ますし。
通常商品より少し凝ってるくらいでしょうか。
その分、お値段も抑えられているので新しいテイストを取り入れるにはちょうどいいと思います。
数が少なそうなのでユニ被り率も低そうですし。