今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

ブロックテックパーカを雨具として実地試験してみた。

雨にも負けないアウターが欲しい。
しかしホームセンターで売ってるようなレインウェアは蒸れるし、日常で着れるデザインではない。
かといって、本格的なアウトドアウェアは高価で、傷めたくなくて気を遣う。
素材としてはゴアテックスがベストなんでしょうけどね。
 
そこで。
今回取り上げるのはユニクロ
近頃のファッションの流れに乗ったのか、スポーティな服も揃っています。
その中にはゴアテックスの類似品、ブロックテックも。
ユニクロは安価な割に素材は良いし、街着でも使える。
その性能を実際に評価するため、雨の外仕事で試してみました。
 

 

何故いまブロックテックパーカなのか

防風・防水・透湿素材を使用したマウンテンパーカ。
2017春のモデルチェンジで、それ以前のモデルより軽量化。
かつ、当初7,900円から現在5,900円に値下がりしてお得になりました。
 
そして。
2017秋、あのユニクロマークが消えました。
片隅にあった■■マークがなくなった、これは大きい進化です。
ユニクロに限らずブランドロゴは好きじゃないので。
 
ただし、2017年10月現在、店頭にはマーク付きの旧版とマーク無しの新版が混在しているので注意が必要です。
私が買ったところはランダムに陳列されていました。
Lはマーク無しだけど、その後ろのXLはマーク付きというような罠。
オンラインストアでは区別されており、商品写真に■■マークが写っているのが旧版。
 
 

今回の購入品、敢えてのオーバーサイズ

f:id:geege:20171021074054j:plain

サイズ:XL
カラー:グレー
こういうタイプでは珍しいグレーを選択。
アウトドアメーカだと黒や派手色が多いところ、普段使いしやすいカラバリです。
 
172cm/55kgの自分にはSサイズでジャストフィットでしたが、雨具として使う前提でオーバーサイズしてみました。
試着してみて、2サイズアップのLでもオーバーサイズで着こなすにはOK。
どうせなら振り切ってみようと思い、3サイズ上げてXLに。
スーツの裾もギリギリ出ない。
(職種によっては無理でしょうが)
f:id:geege:20171022104338j:image
 
ユニクロ価格であれば冒険もしやすいですね。
ばさりと羽織ると良い感じ。
ただし、前ファスナーを開けて着ると肩からずり落ちそうになる。
逆にきっちり締めると、それはそれで首回りがゆったりしすぎのような。。。
バランスが難しい。
でもあれこれ考えるのは楽しいものです。
 
 

いよいよ実地試験

まずは軽く小雨に打たれた後

f:id:geege:20171021074112j:plain

水滴が生地の表面で丸く弾かれています。
手で払ったり服自体を振ると簡単に落ちます。
撥水性はなかなかよろしい。
しかし、ところどころ生地に浸透して変色しています。
 
続いて、本降りに2時間打たれた後

f:id:geege:20171021074129j:plain

浸透しているところが拡大。
時間とともに広がるというより、浸透するところとしないところがあります。
ちなみに写っていない右腕は、左腕ほど変色していません。
生地の出来が均一ではないのだろうか?
しかし、表層に染み込みはしても裏地は湿るくらいで中まで濡れてはいません。
防水の面は問題なしと言えます。
 
ただ、湿って張り付いてくるのは不快。
またそのせいで、ひんやりしっとりして体温を奪われます。
そもそも透湿性があるために体の熱気も逃げやすい。
防寒としては、中にフリースやダウンを仕込むべきかと。
逆に言うと、気温が少々高い時期に着ても蒸れなさそうです。
 
 

総評

期待通りの性能でした。
完全とは言えないけども防水性は高く、日常生活やちょっとした野外活動には十分だと思います。
注意点としては、
・防寒には向かないので重ね着必須
・土砂降りだと濡れネズミ、ヘタすると浸水するかも
・本気の登山(しないけど) には性能不足
というところでしょうか。
個人的には、コストとパフォーマンスの比率で満足です。