読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日賛主義!

日々楽しく。主に映画とかランニングとかの雑記。

足の甲を痛めてランニング休止中

先日のランニングで右足の甲を痛めました。
走ってる途中から若干の痛みを感じていましたが、まだゼロシューズに慣れてないからだろうとそのまま走り続けました。
その結果、痛みは治まることなく、翌朝には少し右足を引きずるような歩き方に。。。
4日経ってマシにはなったものの、まだ引かない。
ランニング習慣が途切れるのが嫌なので思い切って走ってみようかとも思いましたが、さすがに悪化するのが怖い。
そうなると完全にリセットされて運動不足ライフに、、、それは絶対に避けたい。
 
焦る気持ちを押さえてランニングは自粛しつつ、この症状について調べてみました。
足は小さな骨が多く、その腱が甲の側を通っているため痛みが出やすいようです。
ケースとしては、
1.疲労骨折
骨に繰り返し負荷がかかることで骨の内側に細かい骨折が生じる。
ランニングで起こりやすそうですね。
ただしレントゲンには映りにくい模様。
2.腱鞘炎
足の甲の腱鞘炎なんて聞いたことがない。
とは言え、腱鞘炎の定義は「筋肉と骨をつなぐ腱の周りを覆う鞘状部分の炎症」なので、腱があるところならどこでも起きるのですね。
 
原因としては、
1.路面からの衝撃力
ゼロシューズのクッション性の低さは関係ありそうですね。
そもそも衝撃が大きいので、多少痛みがあっても「いつものこと」と思ってしまう。
2.靴紐からの圧迫
3.靴のサイズが合わない
靴紐の締めすぎによる圧迫、靴のサイズが合っていないストレスも影響があるようです。
ただゼロシューズはゴム紐サンダルなので除外できるかな。。。
4.ランニングフォームの乱れ
左右のバランスがおかしいと片足にダメージを受けやすい。
うん、その自覚はあるんですよね。
どこがどうとは言えないけれども、左右で力の入り方・かかり方が違う感じ。
 
いずれにしても休養して自然治癒力に任せることになりそうです。
その間にランニングフォームを整える方法を探そう。